忍者ブログ

なんかあんまりニコ生と関係無く単なる囲碁ブログ化してるかもww

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回と同じ感じで

ツイッターで質問させてもらった局面について話そうと思う

まず1局目



総じて黒持ちって意見が多かったね

ただこの質問図に至る過程で黒には若干おかしな手があって

ちょっと欠陥を抱えてるんだよね

まぁそれについてはおいおい触れるとして・・・

ツイッターでもらった意見を見ていこう


拍手[0回]




じゅんたこさんは

弱石無い。黒持ちとのこと

次に一手については特にいってなかったけど

形勢は黒が良いと思ったそうです

haroさんとかじろ→さんが中央トビマガリを支持



確かにここも良いところなんですよね~

ただ自分で打つ分には少し両ノゾキからの出切りがきになりますかね



黒の勢力圏での戦いなんでやれないことは無いんですが

例えば正々堂々打つなら



ノビノビの進行なんでしょうけど

これだとちょっと黒も△の一団が心配じゃないかな?と

黒の勢力圏とはいえ流石に白を取れるわけじゃないので

包囲されてしまった黒も眼形を気にしなくてはならないかな

となると



取れない石を当てていくのは少し違和感がありますが

下からアテて這って5につぐのが良いのかな

これなら黒に眼の心配のいる石は無いし

逆に白は黒の勢力圏で分断されているので打てそうです

KoujiNaganashiさんも中央に打つ手を支持していました

ただしその一手はトビマガリでは無くオオゲイマ



トビマガリよりも右辺から中央にかけての模様を意識した手ですね

しかしコレも



ノゾキからツケて分断する手が気になります



4から切り離すよりないですがこの図って



△のトビマガリに両ノゾキから上を出切ってきた図で

6の方から当ててるのと一緒なんですよね

コレはちょっと不満な気がします



とすると上図黒2の方におさえて

3からの出切りを迎え撃つことになるでしょうか?

コレはコレで難しそうです

中央寄りの意見としてはこの2つでしたが



俺が中央打つならケイマを推します

ABの交換がある(後からでも利く)としたら妥当ではないでしょうか?

続いてアルファさん



H3しか見えないです

黒を持ちたいですかね

とのこと

実はこの局面をテーマにしたのは

のちの実戦進行からするとこの下辺のツメが大きかったのではないか?

と思ったからだったのです

アルファさんがここしか見えないって言うほどなら

やっぱりここがめちゃくちゃ大きかったのですねww

なべさんからカドに打ってる碁を見た記憶があるとのコメント



でもコレって



1の押しと2のハネ決めてから5くらいで△落ちてそうですよね



マゲ決めて3にシマって打てないことも無いかもしれませんが・・・

ちょっと気になったので調べてみたところ



ココに石があるときの狙いのようです

上図の「ココ」ってのは

KGSが数字とアルファベット以外の文字でも

表示できると知って試したかっただけですww

2文字以上だと潰れちゃうようなのであまり使い道は無いでしょうねww




まぁそれは置いといて

実戦はこの3つで迷っていました



この場面で黒が嫌なのは△の一団が浮いて攻められること

AとかBで素直に補強しようか

それとも下辺ヒラキと中央ケイマを大体見合いとして

ここで守らずとも良しと判断してCにシマってしまったほうが

簡明に事が運ぶんじゃないだろうか?

と考えてCのシマリを選んでしまいました



次の瞬間2のケイマが痛打!

△の薄みを突かれて悲鳴を上げました!アイエエエエエエ!



仕方なくノゾキを利かして繋がりましたが

このノゾキを打たされては中央の白がしっかりしてしまっていけませんね

3も4の方が良かったかもしれませんが



それはそれでナラビから両ノゾキが

後の狙いとして残ってるのが気持ち悪い

すぐには打たないでしょうけど形が崩れてしまっているのでいやですね



両ノゾキが残るのをきらって一路寄せてみてもコスミツケからアテコミで

切り離す手が残ってしまいますし



アテコミ返しても間に合いません




というわけで

白からH4のケイマが厳しいので

下辺の開きが想像以上に急がれる場面でした

質問図より遡って



黒は本来Aと飛んだ手でBの方に飛んでCのカドを狙うのが正しかったようです

となると逆に白も



実戦でAに飛んだ手で即Bに打って

△の間の薄みを追求するべきだったようです



以上の事からAの二間では無くBの二間が正しいようです

これが最初にいった質問図に至るまでにあった黒のおかしな手というやつです

しかし白も即とがめるべきところを放置して

お互いに的外れな手を連発していたのですが・・・ww

結局実戦ではこの碁の急所とも言えるポイントを白に打たれてしまった

黒がこの碁の急所とも言える下辺を打てる最後のタイミングが

あの場面だったのでそこを質問図にしてみました

こうしてみるとアルファさんが的確過ぎるなww

形勢判断に関しては

下辺白からのケイマを防いでいれば黒が良さそうというのが正解でしょうか

あのケイマを打たれては黒良しとも言い難いのでね



経過は省きますが結末だけお伝えします

実戦はこの後



黒はズタボロの下辺をあきらめ上辺を荒らし

意外と細かくなりました

ABのところのコウに勝った方の価値ぐらいの感じだったのですが

コウに勝てず細かく敗けてしまいました

左下に両コウの味残ってたんだからそこ打てばたぶん勝ってたんだけど

置きから寄せるのに比べて損だから打ちにくくてね・・・

あと30分切れ負けだったんで

両コウとかしてたら俺の時間が寄せきるまで持たなかった

って言う番外要素もあるけどね

1局目はこんな感じです

コメントしてくださった方

ありがとうございました!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カウンター
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
雀碁(ジャンゴ)
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1988/01/23
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ
にほんブログ村

ブログ村のランキング参加してます。
クリックしてくれるとうれしいです。
最新CM
[11/11 雀碁]
[11/10 名前の無い怪物  さん]
[09/18 雀碁]
[09/18 名前の無い怪物  さん]
[07/11 リスナーA]
ブログ内検索
ツイッター
AD
最新TB
ポイントサイト
アマゾン
忍者アナライズ
Copyright 雀碁のニコ生囲碁ブログ(仮) by 雀碁(ジャンゴ) All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]